港まつり花火大会

夏の夜空、彩りませんか? 個人協賛金募集 和歌山 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 和歌山港(和歌山市西浜)で7月22日に開かれる夏の風物詩「港まつり花火大会」に向け、和歌山市や和歌山港振興協会などでつくる実行委が、個人協賛金を募っている。1口2000円で、個人協賛席に招待される特典がある。

 港の安全を祈願しようと毎年催され、今年で66回目。約3000発の花火が夜空に大輪の花を描く。

 市によると、大会の運営費約2000万円のうち半分は例年、企業からの協賛金でまかなわれる。しかし、近年は不況などの影響で協賛金が減少傾向にあり、6年前から運営費の一部に充てようと、個人からの協賛金を募るようになったという。昨年は約350口、約70万円の寄付があり、市の担当者は「一時は存続の危機もあったが、みなさんのおかげでここまでこられた。今後も、存続に向けて協力していただきたい」と呼びかけている…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文457文字)

あわせて読みたい

注目の特集