メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

港まつり花火大会

夏の夜空、彩りませんか? 個人協賛金募集 和歌山 /和歌山

 和歌山港(和歌山市西浜)で7月22日に開かれる夏の風物詩「港まつり花火大会」に向け、和歌山市や和歌山港振興協会などでつくる実行委が、個人協賛金を募っている。1口2000円で、個人協賛席に招待される特典がある。

     港の安全を祈願しようと毎年催され、今年で66回目。約3000発の花火が夜空に大輪の花を描く。

     市によると、大会の運営費約2000万円のうち半分は例年、企業からの協賛金でまかなわれる。しかし、近年は不況などの影響で協賛金が減少傾向にあり、6年前から運営費の一部に充てようと、個人からの協賛金を募るようになったという。昨年は約350口、約70万円の寄付があり、市の担当者は「一時は存続の危機もあったが、みなさんのおかげでここまでこられた。今後も、存続に向けて協力していただきたい」と呼びかけている。

     申し込み用紙は市の各支所などで配布しているほか、ホームページ(http://w-hanabi.com)でも申し込み可能。7月5日締め切り。問い合わせは同実行委員会(073・435・1233)へ。【木原真希】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]