徳島市立体育館

移転へ 新設中も現建物の利用可に /徳島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 徳島市は、老朽化などが指摘される同市徳島町城内のとくぎんトモニアリーナ(市立体育館)について、建て替えず別の場所へ新たな体育館を建てる方向で検討に入った。建設時期は未定だが、施設の規模や候補地などの基本方針を、今年度中をめどにまとめる。

 市スポーツ振興課によると、建設候補地は利便性などを考慮し、市立動物園跡地(同市中徳島町2)と県立徳島東工業高校跡地(同市大和町2)の二つとなっている。

 現体育館の利用者数は年間約45万人に上る。建て替え工事をすると体育館が約3年間利用できなくなるため、現体育館を使いながら新たな建物を建てる方針。競技団体などの意見を反映した基本方針を、市の新体育館建設に向けた整備検討会議で決める。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集