メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理研修

受講者急増 信頼低下、各省に危機感

 中央省庁のずさんな公文書管理が問題になる中、各省庁の職員に適切な管理法を学ばせる「公文書管理研修」の受講者が急増している。主催する国立公文書館によると、昨年度の受講者数は前年度比約4割増の1672人で、研修が始まった2012年度以降最も多かった。学校法人「森友学園」「加計学園」を巡る公文書管理の問題で各省庁に危機感が広がっており、人材育成を急いでいることがうかがえる。

 研修は各省庁、独立行政法人で公文書管理を担当する職員らが対象。公文書管理法の内容▽文書の保存・廃棄…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです