特集

公文書・国では

毎日新聞デジタルの「公文書・国では」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

公文書管理研修

受講者急増 信頼低下、各省に危機感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中央省庁のずさんな公文書管理が問題になる中、各省庁の職員に適切な管理法を学ばせる「公文書管理研修」の受講者が急増している。主催する国立公文書館によると、昨年度の受講者数は前年度比約4割増の1672人で、研修が始まった2012年度以降最も多かった。学校法人「森友学園」「加計学園」を巡る公文書管理の問題で各省庁に危機感が広がっており、人材育成を急いでいることがうかがえる。

 研修は各省庁、独立行政法人で公文書管理を担当する職員らが対象。公文書管理法の内容▽文書の保存・廃棄を判断する際のポイント▽歴史的文書の活用法--などを座学や研究論文の執筆を通じて学ぶ。公文書管理法が施行された翌年の12年度に始まり、16年度まで毎年900~1200人程度が受講した。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文778文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集