メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理研修

受講者急増 信頼低下、各省に危機感

 中央省庁のずさんな公文書管理が問題になる中、各省庁の職員に適切な管理法を学ばせる「公文書管理研修」の受講者が急増している。主催する国立公文書館によると、昨年度の受講者数は前年度比約4割増の1672人で、研修が始まった2012年度以降最も多かった。学校法人「森友学園」「加計学園」を巡る公文書管理の問題で各省庁に危機感が広がっており、人材育成を急いでいることがうかがえる。

 研修は各省庁、独立行政法人で公文書管理を担当する職員らが対象。公文書管理法の内容▽文書の保存・廃棄を判断する際のポイント▽歴史的文書の活用法--などを座学や研究論文の執筆を通じて学ぶ。公文書管理法が施行された翌年の12年度に始まり、16年度まで毎年900~1200人程度が受講した。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです