メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニ論点

中朝首脳会談 礒崎敦仁・慶応大准教授、泉川泰博・中央大教授の話

 史上初の米朝首脳会談を前に、中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国遼寧省大連市で会談した。その背景と意味について専門家に聞いた。

対米にらんだ訪中 礒崎敦仁・慶応大准教授(北朝鮮政治)

 金委員長が3月に引き続いて中国を電撃訪問し、習氏と会談したのは、米朝首脳会談を控え、北朝鮮の考え方を説明し、中国の見解を確認しつつ理解を求めたと考えるべきだ。米国との交渉次第で影響を受ける中朝の同盟関係のあり方も含め、対米外交について協議したとみられる。今回の訪中には、対米外交で必要かつ重要なメンバーが同行している。対中関係のためだけの訪中でないことは明らかだ。

 北朝鮮は、米朝首脳会談について国内向けの報道でまだ一度も触れていない。金委員長は、トランプ米大統領…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです