日中

通貨交換協定再開へ きょう首脳会談、食品輸入緩和も協議

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日中両政府は、9日に行われる首脳会談に合わせ、金融危機の際に通貨を融通し合う通貨交換協定の再開に向けた協議開始や、日本の金融機関への対中投資枠の付与などで合意する見通しだ。東京電力福島第1原発事故後に始まった中国による日本産食品の輸入規制の緩和に向けた協議も加速させる。両国は経済面での協力強化をてこに本格的な関係改善への道筋を探る。

 通貨交換協定は2002年の締結後、日中の関係悪化で13年に失効していた。また、対中投資枠は「人民元適格国外機関投資家(RQFII)」と呼ばれる機関投資家向けの投資枠を日本の金融機関に与えるよう検討する。枠が認められると、人民元で証券などの対中金融投資ができる。中国は経済関係強化の一環として欧米各国などに投資枠を与えていたが、日本には与えてこなかった。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文647文字)

あわせて読みたい

注目の特集