メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP

法案審議入り 首相「早期発効目指す」 国会正常化

衆院本会議で法案の趣旨説明をする茂木敏充経済再生担当相=8日、川田雅浩撮影

 米国を除く11カ国で3月に署名した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の発効に必要な関連法案の審議が8日、衆院本会議で始まった。安倍晋三首相は「早期発効を目指すことが、米国の経済や雇用にとってプラスになるとの理解を深める大きな力になる」と述べ、引き続き米国にTPP復帰を促していく姿勢を示した。

 TPPは6カ国以上が国内手続きを終えて…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです