連載

ハマりました。

毎日新聞デジタルの「ハマりました。」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ハマりました。

五輪連覇 羽生結弦選手 一目ぼれ/守ってあげたい

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
羽生結弦選手のアイスショーで、手作りの応援バナーを掲げる中国人留学生たち。王月辰さん(前列左)は「いつも努力している羽生選手が好き」と話す=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで4月15日、斎藤義彦撮影
羽生結弦選手のアイスショーで、手作りの応援バナーを掲げる中国人留学生たち。王月辰さん(前列左)は「いつも努力している羽生選手が好き」と話す=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで4月15日、斎藤義彦撮影

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手(23)。仙台市で4月にあったパレードには約10万8000人のファンが集まった。なぜ彼に熱中するのだろう。

 「何とか間に合った!」

 奈良県に住む看護師の女性(50)が声を弾ませた。4月中旬、東京都調布市であった羽生選手による凱旋(がいせん)のアイスショー。女性は開始5分前、会場に滑り込んできた。羽生ファンである友人の家に泊まり、別の知人からチケットを譲り受けた3日間の全公演の最終日。子どもと夫が待つ自宅に早く戻れるようにと、荷物を置きにJR東京駅に寄ったため、ギリギリになった。

 3日間で計2万7000人が詰め掛けたファンの、実に9割が女性だった。女性用トイレには長蛇の列ができた。グッズコーナーは売り切れで閉鎖中。前日に2時間並んだ女性はクリアファイル1枚しか買えなかった。彼女のアリーナ席からはトークショーを行う後ろ姿しか見えない。それでも、時折振り向く彼にときめきが収まらない。

この記事は有料記事です。

残り1403文字(全文1848文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集