メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大川小訴訟 石巻市議会上告案可決 遺族「防災の責任転嫁だ」

大川小訴訟の上告を巡り、臨時市議会の採決の瞬間を見守る原告の遺族ら=宮城県石巻市議会で8日午後6時28分、百武信幸撮影

 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟で、石巻市議会は8日、学校や市教委の事前防災の不備を認めた仙台高裁判決を不服として、亀山紘市長が提案した上告関連議案を16対12の賛成多数で可決した。県も市に同調することを表明し、司法判断は最高裁に持ち込まれることになった。

 亀山市長は同日招集した臨時議会で、津波は予見不可能だったとして「児童の安全を確保しなければならない学校設置者の責務は真摯(しんし)に受け止めるが、市教委や校長らに(高裁判決が)求める内容は震災後も実現困難なものが含まれ、過失認定の基準には不合理」と上告理由を説明した。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 梨田昌孝さんが見た悪夢 「生きている感覚なかった」コロナとの50日の格闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです