メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 都が11人特定

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術が強制されていた問題で、東京都は8日、精神科病院の都立松沢病院(世田谷区)から、強制手術を受けた11人を特定する「優生手術実施報告書」が見つかったと発表した。都は同日までの調査で、旧法に基づき49~82年に都内で実施された強制不妊手術が計529…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです