メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬脱税

寝屋川市職員に有罪判決 「横目」違法の余地

 競馬の払戻金を申告せず約6200万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた大阪府寝屋川市職員の男(48)=起訴休職中=の判決が9日、大阪地裁であった。村越一浩裁判長は懲役6月・執行猶予2年、罰金1200万円(求刑・懲役1年、罰金1900万円)の有罪判決を言い渡した。ただ、事件の端緒になった被告の口座を見つけた大阪国税局の調査について「違法な手法である疑いが残る」と指摘した。

     被告は公判で起訴内容を認めており、払戻金が入金された口座を見つけた国税局査察部(マルサ)の調査が適正だったかが争点だった。

     弁護側は、査察官が特定の口座を調べる際に他の口座情報を見る「横目」と呼ばれる違法な手法で口座を見つけたとして無罪を主張。検察側は、国税が別の脱税事件の調査過程でネット銀行から顧客情報を開示された際、高額の払戻金が入金された被告の口座を偶然発見したと反論していた。

     これに対し、村越裁判長は判決で「銀行が調査に協力している以上、違法性が重大とまでは認められない」と述べ、口座情報の証拠能力を認定した。【宮嶋梓帆、高嶋将之】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
    3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
    4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
    5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]