三菱重工

MRJ、1000億円の債務超過 資本増強へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
MRJ=竹地広憲撮影
MRJ=竹地広憲撮影

 三菱重工業は8日、国産初のジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)を開発する子会社の三菱航空機が資本増強すると正式発表した。同社は開発費がかさみ約1000億円の債務超過に陥っている。三菱航空機の他の株主と具体策を協議した上で、2018年度中に債務超過の解消と財務基盤の強化を図る。

 三菱重工の宮永俊一社長が同日、決算発表の会見で明らかにした。MRJの初納入は当初は13年の予定だったが、設計の見直しなどで5度延期し20年半ばにずれ込んだ。1800億円と見込まれた開発費も6000億円規模に膨らんでいる。この結果、三菱航空機は17年3月末に510億円の債務超過…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

あわせて読みたい

ニュース特集