メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大手商社決算

資源高が追い風 3月期、4社最高益

過去最高益の決算について説明する三菱商事の垣内威彦社長=東京都内で8日午後2時半

 大手商社5社の2018年3月期連結決算が8日、出そろった。石炭や鉄鉱石など資源価格の回復を追い風に、三井物産を除く4社が過去最高益を達成した。最終(当期)利益で三菱商事が2年連続で業界首位となったほか、資源分野の比重が大きい三井物産が3年ぶりに伊藤忠商事を追い抜き、業界2位に返り咲いた。【今村茜】

三井物産2位に返り咲き

 三菱商事の連結最終利益は前年比27.2%増の5601億円で、10年ぶりに最高益を更新。商社で初めて5000億円の大台に乗せた。中国の資源需要が回復し石炭や銅などの価格が上昇。石炭を含む金属分野の最終利益は76%増の2610億円と大幅な増益となった。16年3月期に資源安で初の赤字に陥った同社は、17年3月期からの中期経営計画で市況に影響されない安定的な収益基盤構築を目指し非資源分野の強化を図っている。アジアでの自動車販売やサケ・マス養殖事業など非資源分野の利益は毎年増加しており、垣内威彦社長は「健全な状況になってきている。ちょっとやそっとで下振れする要素がなくなった」と話し…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです