中朝再会談

非核化の細部協議 7、8日大連で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ソウル堀山明子、北京・浦松丈二】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が7、8両日、専用機で中国遼寧省大連市を訪れて中国の習近平国家主席と会談した。中国国営新華社通信が8日報じた。両首脳は朝鮮半島の非核化について話し合ったという。米朝首脳会談を前に、段階的な非核化の進展に応じた見返りを求める北朝鮮と、完全な非核化の先行を要求する米国の意見の隔たりが狭まらない中で、友好国である中朝トップが顔を合わせて方針のすり合わせを行ったとみられる。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信も8日、両首脳が「再び対面し、意義深い会談」が行われたと報じた。中朝首脳会談は金委員長が北京を電撃訪問した3月末以来1カ月半ぶり。習氏が「両国は運命共同体、変わることのない唇と歯の(ように近い)関係」と語ったとも伝え、中朝関係の一致ぶりをアピールした。

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文1061文字)

あわせて読みたい

ニュース特集