メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡高裁

諫干訴訟、和解協議進展せず

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、堤防の開門を強制しないよう国が漁業者に求めた請求異議訴訟の控訴審の和解協議が8日、福岡高裁(西井和徒裁判長)であった。和解勧告後としては2回目の協議だが、漁業者側は前回に続いて出席せず、実質的な議論に入らないまま終わった。

 国は協議に先立って高裁に意見書を提出。…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです