メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未完小説「孤道」

完結編に応募作100点超

「孤道」完結編募集プロジェクトに送られてきた作品の数々=東京都千代田区で2018年5月7日、内藤麻里子撮影(画像の一部を加工しています)

9月に受賞作を発表

 3月に死去した作家、内田康夫さんの未完の小説「孤道」(毎日新聞出版)をめぐり、昨年から続いていた完結編募集が4月末で締め切られ、メールや郵送で100点を超える応募があった。今後は、推理小説研究家の山前譲さん、内田康夫財団などが選考に当たり、9月に受賞作を発表する予定。

 「孤道」は、浅見光彦シリーズとして2014年12月、毎日新聞で連載がスタート。しかし作者病気のため、連…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 積水ハウス被害 「地面師」数人を逮捕 偽造文書行使容疑
  5. MS共同創業者 ポール・アレン氏死去 撃沈の武蔵発見も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです