メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

受信料収入6914億円 4年連続最高更新

NHK放送センター=本社ヘリから喜屋武真之介撮影

 NHKは8日、2017年度決算の速報を発表した。受信料収入は前年度比144億円増の6914億円となり、4年連続で過去最高を更新した。受信料の支払率は80.4%となり、15~17年度の3カ年経営計画で目標としていた80%を達成した。衛星の契約割合は51.0%だった。

     事業収入全体では同130億円増の7204億円。事業支出は、国内・国際放送の充実や平昌五輪・パラリンピック放送の実施などで、同180億円増の6973億円となった。収入から支出を差し引いた事業収支差金は同49億円減の230億円の黒字で、財政安定のための財源として全額を繰り越す。黒字は1990年度から28年連続。繰越金の残高は17年度末で1059億円となった。

     受信料の新規契約総数は76万6000件で、89年度以降で最多。最高裁は昨年12月、受信料制度を「合憲」とする初判断を示しており、NHKは「最高裁判決が契約数増加の要因の一つではないか」としている。【井上知大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    2. 眞子さま 結婚延期 20年に「準備の余裕ない」
    3. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
    4. 地震 長野県北部で震度5強 津波の心配なし
    5. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]