メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

「愛染まつり」規模縮小 若者ら騒ぎ、近隣迷惑で

大勢の観客が見守るなか、「宝恵かご」に乗って担がれる「愛染娘」=2015年6月30日午後3時27分、三浦博之撮影

 大阪三大夏祭りの一つで、関西で最も早い夏祭りとして知られる「愛染(あいぜん)まつり」について、主催寺院の愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん、大阪市天王寺区)は8日、今夏から規模を大幅に縮小すると発表した。若者らが騒いで近隣の迷惑になっているためといい、露店の出店を取りやめるほか、谷町筋を北上する恒例の「宝恵(ほえ)かご行列」は境内でのみ実施する。

 愛染まつりは本尊の愛染明王を開帳し、商売繁盛や縁結びを祈願するのが目的で、江戸時代には始まっていた…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです