メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

「愛染まつり」規模縮小 若者ら騒ぎ、近隣迷惑で

大勢の観客が見守るなか、「宝恵かご」に乗って担がれる「愛染娘」=2015年6月30日午後3時27分、三浦博之撮影

 大阪三大夏祭りの一つで、関西で最も早い夏祭りとして知られる「愛染(あいぜん)まつり」について、主催寺院の愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん、大阪市天王寺区)は8日、今夏から規模を大幅に縮小すると発表した。若者らが騒いで近隣の迷惑になっているためといい、露店の出店を取りやめるほか、谷町筋を北上する恒例の「宝恵(ほえ)かご行列」は境内でのみ実施する。

 愛染まつりは本尊の愛染明王を開帳し、商売繁盛や縁結びを祈願するのが目的で、江戸時代には始まっていたとされる。毎年6月30日から7月2日までの3日間で約20万人が来場。境内外は150~300店の露店でにぎわうほか、浴衣姿の愛染娘をかごに乗せ、JR天王寺駅付近から愛染堂まで約1.5キロを練り歩く「宝恵かご行列」で親しまれてきた。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです