名古屋城

天守閣は「エレベーターなし」に 市が方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋城=本社ヘリから木葉健二撮影
名古屋城=本社ヘリから木葉健二撮影

「史実に忠実な復元」を優先の結論

 名古屋城天守閣の木造復元で、名古屋市は復元後の新天守閣にエレベーターを設置しない方針を固めた。8日に障害者団体を集めて方針を示した。工事計画などを有識者が検討する9日の「天守閣部会」でも説明する。バリアフリー対応のため障害者団体などが設置を求めてきたが、市は「史実に忠実な復元」を優先するとの結論を選んだ。

 関係者によると、8日の会合は午前9時半から始まり、冒頭で市の担当者がエレベーターを設置しない方針を説明した。出席者からは「納得できない」などの声が上がったが、市の説明が変わることはなかったという。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1169文字)

あわせて読みたい

注目の特集