メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

稀勢出場に不安 琴奨に一方的に攻められ

琴奨菊(手前右)と相撲を取る稀勢の里(同左)=千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で2018年5月8日午前10時10分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲夏場所(13日初日、東京・両国国技館)に向け、二所ノ関一門の連合稽古(げいこ)が8日、千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で行われた。左大胸筋などのけがで6場所連続休場中の横綱・稀勢の里は、平幕の琴奨菊との相撲を16番取った。だが、馬力が身上の大関経験者に一方的に攻められ、夏場所出場に不安を残した。

 稀勢の里は、琴奨菊の低く鋭い立ち合いに…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです