メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

使い捨ての包装は全廃へ 欧州のプラスチックごみ対策最新事情

「脱プラスチック」を掲げたオランダのスーパー「エコプラザ」=アムステルダムで2018年4月17日、八田浩輔撮影

 オランダのスーパーがこの春、石油を原料とする従来のプラスチック包装を一切使わない食料品専門のコーナーを期間限定で作った。プラスチックごみを減らすための規制や取り組みが急速に進む欧州でも「プラスチックゼロ」を掲げるスーパーは例がなく、欧米の主要メディアが一斉に取り上げた。

 「プラスチックゼロ」に乗り出したのは、オランダ国内に74店舗を抱えるスーパーチェーン「エコプラザ」。4月末までの2カ月間、プラスチックを容器や包装に使わない食料品を並べたコーナーをアムステルダムの店舗の一角に試験的に設けた。約700種の商品にはカット野菜や加工肉のほか、パスタなどのプライベートブランドも含まれる。包装は、紙、木材、ガラスや自然に分解されやすい性質をもたせた植物由来のプラスチックなどで代用した。

 同社は、有機食材やそれらを加工した製品を専門的に取り扱っている。通常のスーパーと比べて価格は1~2…

この記事は有料記事です。

残り2157文字(全文2550文字)

八田浩輔

ブリュッセル支局 2004年入社。京都支局、科学環境部、外信部などを経て16年春から現職。欧州連合(EU)を中心に欧州の政治や安全保障を担当している。エネルギー問題、生命科学と社会の関係も取材テーマで、これまでに科学ジャーナリスト賞、日本医学ジャーナリスト協会賞を受賞(ともに13年)。共著に「偽りの薬」(毎日新聞社)。Twitter:@kskhatta

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです