連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

使い捨ての包装は全廃へ 欧州のプラスチックごみ対策最新事情

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「脱プラスチック」を掲げたオランダのスーパー「エコプラザ」=アムステルダムで2018年4月17日、八田浩輔撮影
「脱プラスチック」を掲げたオランダのスーパー「エコプラザ」=アムステルダムで2018年4月17日、八田浩輔撮影

 オランダのスーパーがこの春、石油を原料とする従来のプラスチック包装を一切使わない食料品専門のコーナーを期間限定で作った。プラスチックごみを減らすための規制や取り組みが急速に進む欧州でも「プラスチックゼロ」を掲げるスーパーは例がなく、欧米の主要メディアが一斉に取り上げた。

 「プラスチックゼロ」に乗り出したのは、オランダ国内に74店舗を抱えるスーパーチェーン「エコプラザ」。4月末までの2カ月間、プラスチックを容器や包装に使わない食料品を並べたコーナーをアムステルダムの店舗の一角に試験的に設けた。約700種の商品にはカット野菜や加工肉のほか、パスタなどのプライベートブランドも含まれる。包装は、紙、木材、ガラスや自然に分解されやすい性質をもたせた植物由来のプラスチックなどで代用した。

 同社は、有機食材やそれらを加工した製品を専門的に取り扱っている。通常のスーパーと比べて価格は1~2割ほど高いが、健康や環境問題への意識が高い消費者だけの特別な店というわけではない。類似のスーパーは欧州主要国の都市部にありふれており、富裕層だけでなく中間層も広く取り込んでいる。

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2550文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集