メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

なぜだまされる?架空請求 世間体意識、つけ込まれ

架空請求詐欺の例

 ありもしない「契約不履行」や「代金未納」をでっち上げる古典的な架空請求の被害が続発する中、男性弁護士が電話で詐欺業者と直接対決する動画が話題になっている。記者の生家にも最近、「最終告知」と題するはがきが届いた。分かりやすい詐欺に、だまされる人が出るのはなぜだろうか。【奥村隆】

「契約不履行」手口多く/「相談窓口」連絡しない/局番なしの「188」に確認

 神戸市兵庫区の久保田法律事務所に4月、「最終通告」と題するメールが届いた。こんな内容だ。

 「お客様が以前、登録されたサイトから退会処理が取られていないために料金9000円が発生しております…

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2359文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです