メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

なぜだまされる?架空請求 世間体意識、つけ込まれ

架空請求詐欺の例

 ありもしない「契約不履行」や「代金未納」をでっち上げる古典的な架空請求の被害が続発する中、男性弁護士が電話で詐欺業者と直接対決する動画が話題になっている。記者の生家にも最近、「最終告知」と題するはがきが届いた。分かりやすい詐欺に、だまされる人が出るのはなぜだろうか。【奥村隆】

「契約不履行」手口多く/「相談窓口」連絡しない/局番なしの「188」に確認

 神戸市兵庫区の久保田法律事務所に4月、「最終通告」と題するメールが届いた。こんな内容だ。

 「お客様が以前、登録されたサイトから退会処理が取られていないために料金9000円が発生しております…

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2359文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. こころの天気図 暑さが招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]