メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

山内惠介/走裕介=専門編集委員・川崎浩

山内惠介 もう一歩、世界広げる

 演歌系歌手がよく口にする「師匠」とは、デビューまで面倒を見る音楽関係者のことである。作曲家の場合が多く、歌の指導をする場合もあり、身の回りの世話をさせるだけのこともある。念入りな指導で有名なのが水森英夫で、弟子に氷川きよし、森山愛子、水雲ら多数の現役人気歌手を抱える。山内惠介もその一人である。

 1999年、カラオケ大会で水森の目に留まって、2001年にはデビューした。以後、シングルはすべて水…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 宮内庁、「高御座」組み立て作業公開 「即位礼正殿の儀」で使用

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです