メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

みそラーメン 札幌 地域と共に日々進化

「味の三平」の味噌ラーメン=札幌市中央区で、竹内幹撮影

 全国にみそ味のご当地麺は多いが、これを抜きには語れない。まさに定番中の定番であり、元祖でもある。

 その原点は戦後の食糧難時代に「一杯のラーメンでどうやって生きるか」という考案者の思いにあった。

 札幌市中央区の繁華街に店を構える「味の三平」は、みそラーメン発祥の店として知られる。創業したのは、旧満州(現中国東北部)で満州鉄道の乗務員をしていた大宮守人さんだ。終戦後に店を構え1955年前後に「味噌(みそ)らーめん」がメニューに加わる。2代目の長男秀雄さん(74)が父の思いを語る。「おなかがいっぱいになり、栄養も取れて元気になるラーメンを作りたい」

 豚骨や鶏ガラで取ったスープにみそを加える--。そのアイデアは守人さんの戦中体験にヒントがある。元々…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 慶大アメフット部を事実上の降格処分 関東学生連盟 部員の不適切行為で

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 大学アメフット界またも…慶大部員、女子風呂“悪質”盗撮…無期限の活動自粛(スポニチ)

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです