メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

みそラーメン 札幌 地域と共に日々進化

「味の三平」の味噌ラーメン=札幌市中央区で、竹内幹撮影

 全国にみそ味のご当地麺は多いが、これを抜きには語れない。まさに定番中の定番であり、元祖でもある。

 その原点は戦後の食糧難時代に「一杯のラーメンでどうやって生きるか」という考案者の思いにあった。

 札幌市中央区の繁華街に店を構える「味の三平」は、みそラーメン発祥の店として知られる。創業したのは、旧満州(現中国東北部)で満州鉄道の乗務員をしていた大宮守人さんだ。終戦後に店を構え1955年前後に「味噌(みそ)らーめん」がメニューに加わる。2代目の長男秀雄さん(74)が父の思いを語る。「おなかがいっぱいになり、栄養も取れて元気になるラーメンを作りたい」

 豚骨や鶏ガラで取ったスープにみそを加える--。そのアイデアは守人さんの戦中体験にヒントがある。元々…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  3. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  4. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです