メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RPA

県内企業に浸透 パソコン事務をソフトが自動処理 作業効率化、働き方改革目指す /千葉

 パソコン上の事務作業をソフトウエアロボットが自動で処理する「ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)」が県内の銀行などでも急速に広まっている。事務作業の効率化で生み出した人材を顧客対応業務などに充てるとともに、人為的なミスを減らし、働き方改革にもつなげたい考えだ。

 昨年、RPAを2度試行導入していた千葉銀行は4月25日に本格的に取り入れた。人件費の削減分が導入にかかる費用を上回ると判断したからだ。税務署から取引先の履歴照会を依頼された時に、これまでは履歴を一件一件調べて印刷していたが、導入後は一度照会内容をデータ化すれば自動で照会、印刷できるようになる。年間3680時間分の作業時間が削減されると見込まれるとい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです