メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボット競技世界大会

県内中高生チームが「新人賞」 サクラ・テンペスタ「まさか自分たちが」喜び /千葉

 米デトロイトで先月25~28日にあったロボット競技の世界大会「ファースト・ロボティクス・コンペティション」(FRC)で、県内の中高生チーム「サクラ・テンペスタ」が、大会初参加の優れたチームに贈られる「ルーキー・インスピレーション・アワード」を受賞した。リーダーの中嶋花音さん(17)は「まさか自分たちが受賞できるとは思わなかった」と受賞を喜んだ。

 FRCには地区予選を通過した世界各国の400チーム以上が参加した。チームは予選リーグで、部品の破損…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 「うれしくて体が震えた」優勝の徳勝龍に中学時代の校長 地元・奈良

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  5. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです