メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OSAKAおお!

避難時、食器やコップに変化 PVCで防災グッズ 大正区の当銀さん開発「6smile」 /大阪

「6smile」で作ったコップや食器を紹介する当銀美奈子さん。コップは持ち手のある「マグカップ」にもなる=大阪市大正区千島2で、金志尚撮影

「0次」備え、普段も携帯を

 大阪市大正区の造形作家、当銀(とうぎん)美奈子さん(63)が、プラスチック素材のポリ塩化ビニール(PVC)を使ったオリジナル防災グッズを開発した。軟らかく、粘着性がある素材の特性を生かし、避難先などで食器やコップ代わりになる。普段から携帯し、いざという時に役立つ「0次」防災グッズとしての利用を見込んでいる。【金志尚】

 縦約14センチ、横約24センチのPVC製シート。丸めたり折ったりして、コップなどの形にする。6カ所に切れ込みがあり、切れ込み同士を引っかけることで形を固定する仕組みだ。切れ込みが人の笑顔に似ているため、「6smile」と名付けた。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです