メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 星組公演「ANOTHER WORLD」 あの世とこの世奔走 /兵庫

“あの世”と“この世”の境にある「幽明境」の花園で、目が覚める康次郎(紅ゆずる)=兵庫県宝塚市の宝塚大劇場で

落語ミュージカル、人情味たっぷり

104期生40人が初舞台

 宝塚歌劇団星組公演「ANOTHER WORLD」(作・演出、谷正純)が、宝塚大劇場で上演中だ。上方落語の大作「地獄八景(じごくばっけい)亡者戯(もうじゃのたわむれ)」や、江戸落語の古典「朝友(あさとも)」をもとに、死後の世界をちりばめた落語ミュージカル。関西出身のトップスター、紅(くれない)ゆずると娘役トップの綺咲(きさき)愛里を中心に、“あの世”と“この世”を行き来し、友情や恋に奔走する人たちを、人情味たっぷりに描く。6月4日まで。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 恋わずらいをこじらせあの世に迷い込んだ大坂の両替商の若旦那、康次郎(紅)は、この世でぜいを尽くし、…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文741文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです