メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

コウノトリ繁殖地 環境や命の大切さ学ぶ 雲南市立西小、全学年で授業 /島根

コウノトリと同じ重さの縫いぐるみを抱える子どもたち=島根県雲南市の市立西小学校で、山田英之撮影

 国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が2年連続で生まれた雲南市大東町で、市立西小学校(同市大東町仁和寺)が今年度から、1~6年の全学年でコウノトリを教材とした授業を始めた。地元で営巣、産卵、子育てをするコウノトリを通じて環境や郷土愛、命の大切さを学ぶ。【山田英之】

 「コウノトリはどれくらい大きいでしょうか」。県立三瓶自然館サヒメル(大田市)で鳥類を担当する学芸課企画幹の星野由美子さんは9日、講師として招かれた西小1、2、4年生合同の授業で児童たちに質問した。

 羽を広げた時、立っている時の大きさを写真パネルで説明。重さを実感してもらうため、ひなや成鳥と同じ重さの縫いぐるみを子どもたちに抱えてもらった。「意外に軽い」「思ったよりも重い」などの声が上がった。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです