メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

コウノトリ繁殖地 環境や命の大切さ学ぶ 雲南市立西小、全学年で授業 /島根

コウノトリと同じ重さの縫いぐるみを抱える子どもたち=島根県雲南市の市立西小学校で、山田英之撮影

 国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が2年連続で生まれた雲南市大東町で、市立西小学校(同市大東町仁和寺)が今年度から、1~6年の全学年でコウノトリを教材とした授業を始めた。地元で営巣、産卵、子育てをするコウノトリを通じて環境や郷土愛、命の大切さを学ぶ。【山田英之】

 「コウノトリはどれくらい大きいでしょうか」。県立三瓶自然館サヒメル(大田市)で鳥類を担当する学芸課企画幹の星野由美子さんは9日、講師として招かれた西小1、2、4年生合同の授業で児童たちに質問した。

 羽を広げた時、立っている時の大きさを写真パネルで説明。重さを実感してもらうため、ひなや成鳥と同じ重…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです