日中韓首脳会談

非核化へ同床異夢 対北朝鮮、綱引き続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京・元赤坂の迎賓館で開かれた日中韓首脳会談=9日午前10時10分(代表撮影)
東京・元赤坂の迎賓館で開かれた日中韓首脳会談=9日午前10時10分(代表撮影)

 日中韓3カ国の首脳は米朝首脳会談を前に、緊密に連携し、北朝鮮に非核化を迫る姿勢では一致した。だが、何をもって非核化に向けた「具体的な行動」とみなし、どの段階で経済制裁の緩和に踏み切るかを巡っては3カ国の認識はそろっていない。一方、日中両国は経済協力を進める姿勢をアピールしたが、実質的な協力となるかは不透明だ。

 「北朝鮮のすべての大量破壊兵器、あらゆる弾道ミサイル計画の完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄(CVID)に向けた取り組みを進めていくべきだ」。安倍晋三首相は日中韓首脳会談の冒頭でこう強調した。

この記事は有料記事です。

残り1961文字(全文2217文字)

あわせて読みたい

注目の特集