メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

米、核合意離脱 トランプ氏「公約」強行 反イラン、歯止め欠き

 トランプ米大統領によるイラン核合意からの離脱表明は、国際公約よりも自らの選挙公約を優先する同氏の政治姿勢を改めて浮き彫りにした。北朝鮮との非核化交渉も見据え、強硬姿勢を示したが、米国の国際的な信用低下は避けられない。対イラン制裁の再開を指示したことが、世界経済の混乱につながることへの懸念も出ている。

 トランプ大統領は2016年大統領選当時から、イラン核合意を「史上最悪の合意」と酷評し、離脱・破棄の…

この記事は有料記事です。

残り2035文字(全文2236文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. タイで振り込め詐欺 容疑の15人全員を警視庁が逮捕 日本移送中の機内で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです