メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
論点

米のイラン核合意離脱

中林美恵子・早稲田大教授

 イラン核合意からの離脱を表明したトランプ米大統領。国際的な約束をほごにする振る舞いにイランは反発、合意維持を求めてきた欧州やロシアとの亀裂も広がる。イランを敵視するイスラエル寄りの姿勢には11月の米中間選挙に向けての政治的な思惑がのぞく。近く開催される見通しの米朝首脳会談や世界の原油需給への影響は。

この記事は有料記事です。

残り4425文字(全文4576文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです