メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

米離脱 合意、一気に空洞化

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領が8日、核合意からの離脱を表明したのは、現在の合意では「イランの核兵器取得を防ぐことができない」ことが理由だ。イランが合意にとどまると表明したことで、かろうじて合意崩壊は免れたものの、米国の離脱で合意の空洞化は否めない。

 イランの核問題は2002年8月、イラン反体制派が暴露したことで表面化した。以後、英仏独の欧州3カ国がイランと交渉を重ね、核活動の一時凍結に合意した。だが05年にイランに対外強硬派のアフマディネジャド政権が誕生したことで合意は崩れる。包括的な核合意に至るまで10年の歳月を要した。

 この合意の成果は、イラン核危機を少なくとも10年間は先延ばしできたことにある。合意以前は「イランの…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文994文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです