メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

将来へ危機感 電動化・自動運転「生死懸けた戦い」 3月期最高益

記者会見で質問に答える豊田章男社長(左)=東京都文京区で9日午後3時28分、佐々木順一撮影

 トヨタ自動車が9日発表した2018年3月期連結決算は、最終(当期)利益が2年ぶりに過去最高を更新した。だが、電動化や自動運転などの開発競争が世界的に激化しており、トヨタの将来への危機感は強い。19年3月期も研究開発費は5年連続で1兆円超の巨額投資を続け、自動車業界の「100年に1度の大変革期」での生き残りを図るが、容易ではない。

 「原価低減の力に磨きをかけて『稼ぐ力』を強化し、新技術や新分野への投資を拡大する」。同日記者会見し…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです