メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HPVワクチン

中立組織「有効」 子宮頸がん前「異常を予防」

 健康被害の訴えが相次いで積極的な接種の呼び掛けが中止されているHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンについて、非営利組織コクラン(本部・英国)は9日、さまざまな臨床試験の評価結果として「子宮頸(けい)がんの前段階の予防効果には高い確実性がある」との見解を公表した。コクランは先行研究を中立的な立場で統合・評価して科学的根拠に基づく医療の普及を目指す国際的な学術ボランティア集団。

     女性を2グループに分け、HPVワクチンと偽薬をそれぞれ接種して有効性や安全性を比較した26件の臨床試験を評価対象とした。

     参加者は計7万3428人で、観察期間は3年半~8年。その結果、がんの前段階の異常は接種群で減少しており、ワクチンの予防効果には高い確実性があると結論付けた。ただ、長期間追跡してがんを防ぐ効果まで確認した試験はなかった。深刻な副反応は接種群、非接種群とも約7%で差がなかった。

     26件中25件の試験は、ワクチンメーカーから資金が提供されていたが、公的資金による残り1件の試験でも同じ結果が出ているため、偏りのリスクは少ないと判断した。

     コクランジャパンの森臨太郎代表は「客観性を心掛けるコクランが評価した意義は大きく、子宮頸がんの前段階の異常を抑える効果はほぼ確立された」とする一方、「今回評価した研究は、がん自体の予防効果や比較的少ない副反応を検証するデザインになっておらず、継続調査も必要だ」と指摘する。【高野聡】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 影山貴彦のテレビ燦々 クールな二宮、「ブラックペアン」 今後に期待したい加藤綾子
    2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]