メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーW杯・レジェンドからの伝言

/2 心身ピーク、調整重要 遠藤保仁さん

2014年W杯ブラジル大会のギリシャ戦でプレーする遠藤=宮間俊樹撮影

遠藤保仁さん(38)=MF 2006年ドイツ、10年南アフリカ、14年ブラジル各大会代表

 26歳でワールドカップ(W杯)初出場だった2006年ドイツ大会では、フィールドプレーヤーで唯一出番がなく、チームも1次リーグで敗退。中心選手だった10年南アフリカ大会では日本の16強入りに貢献したが、14年ブラジル大会は1分け2敗で終わった。「日本の心臓」と長く称されてきた男は、3度の大舞台で酸いも甘いも味わった。

 過去のW杯での明暗は「紙一重の部分だった」と指摘する。1次リーグで敗退した2大会は南アフリカ大会に…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文972文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです