参考人招致

柳瀬氏、「首相案件」否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会に参考人招致で出席した柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)=国会内で2018年5月10日午前9時6分、宮武祐希撮影
衆院予算委員会に参考人招致で出席した柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)=国会内で2018年5月10日午前9時6分、宮武祐希撮影

加計関係者と面会認める

 柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)は10日午前、衆院予算委員会に参考人として出席し、学校法人「加計学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設を巡って、2015年に同学園関係者と計3回、首相官邸で会ったことを認めた。愛媛県が作成した文書では、柳瀬氏は15年4月2日の面会で同県今治市での新設計画を「首相案件」と述べたとされるが、柳瀬氏は「私が伝えたかった趣旨とは違う」と否定した。

 15年4月の面会は加計学園事務局から要請された。柳瀬氏は、吉川泰弘元東京大教授や同学園の渡辺良人事務局長ら約10人の面会者の中に「愛媛県や今治市の職員がいたかもしれない」と述べ、「記憶の限りでは、お会いしたことはない」という従来の発言を事実上、修正した。吉川氏は現在、同学園が今治市に開学した岡山理科大獣医学部の学部長だが、柳瀬氏は「(面会時には)関係はよく分からなかった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1303文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集