メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬

みなかみ3ダム「そろい踏み」 週末に大放流

完成50周年を迎えた昨年の矢木沢ダムの点検放流。「スキージャンプ式洪水吐」からの大迫力の放流を、水しぶきを浴びるほど近くで見学できる=みなかみ町観光協会提供

 群馬県みなかみ町の藤原ダム、矢木沢ダム、奈良俣ダムで、12日と13日に「みなかみ3ダム春の点検大放流」が開かれる。例年、矢木沢、奈良俣ダムは融雪時期に点検放流イベントを同日開催してきたが、今年は完成60周年を記念し藤原ダムが“仲間入り”。今後は「みなかみ3ダム」としてPRし、ダムファンを呼び込んで町の活性化につなげたい考えだ。

    堤高、堤体ともに国内4位の奈良俣ダム。放流時は美しい「水のカーテン」を見ることができる=みなかみ町観光協会提供

     国土交通省利根川ダム統合管理事務所によると、放流時間は、奈良俣ダム=12日午前11時▽藤原ダム=12日午後2時▽矢木沢ダム=13日午前10時半と午後1時の2回。いずれもダム堤頂部にある非常用ゲートを開けて放流する。

    重厚なローラーゲートが特徴の藤原ダム=みなかみ町観光協会提供

     さらに、各ダムでは、ダム堤体内の監査廊など通常非公開の場所が見学できる。藤原ダム=12日正午から▽奈良俣ダム=12日午前10時から▽矢木沢ダム=13日午前8時から。いずれも予約不要。

    地元店出張販売も 12日は藤原ダムで、13日は矢木沢ダムで、それぞれみなかみ町の飲食店やホテルが、軽食やスイーツなどを出張販売する。奈良俣ダムでは12日午後8時から星空鑑賞会が開かれる。

     問い合わせはみなかみ町観光協会(0278・62・0401)。【阿部沙也花】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
    2. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
    3. 東京 手作り傘屋、別れの涙雨 台東区の老舗、来月閉店
    4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
    5. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]