メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬

薗原ダム20日に放流 「堰堤マルシェ」開催

薗原ダム=沼田市利根町で、2018年5月9日、畑広志撮影

 沼田市利根町の薗原(そのはら)ダムでは20日、点検放流に合わせて「2018薗原湖堰堤(えんてい)まつり」が初めて開かれる。歩行者天国などさまざまな催しが予定されている。

     主催は老神温泉観光協会などでつくる実行委。ダム周辺には老神・南郷の温泉や天然記念物「吹割の滝」など魅力ある場所があり、ダムを観光資源の一つとして活用し、より多くの人に足を運んでもらおうと企画した。

     まつりは午前10時~午後3時。ダム堤頂を通る市道は終日通行止めにして、歩行者に開放される。「堰堤マルシェ」と名付け、ダムカレーやダムグッズ、農林産物加工品などを販売。湖を眺めながらの食事も楽しめる。

     点検放流は午後1~3時。クレストゲート(非常用放流設備)からの豪快な放水が楽しめる。

     19日は前夜祭として、午後8時15分~9時半まで堤体をライトアップする。

     点検放流のある20日はダム周辺を駐車禁止にする代わりに特設駐車場(1日1000円)を設ける。ダムサイトと駐車場を結ぶ無料シャトルバス(午前9時~午後4時)が運行される。問い合わせは老神温泉観光協会(0278・56・3013)。【畑広志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
    2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
    4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]