九州電力

インドネシアで地熱発電所、営業運転開始

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力は9日、インドネシア・スマトラ島のサルーラ地区にある世界最大級の地熱発電所(発電出力計約33万キロワット)で全面的な営業運転を始めたと発表した。電力小売り全面自由化で国内事業の競争環境が厳しさを増す中、海外事業の拡大で経営基盤の安定を図る。

 九電は2007年に現地企業から発電所計画への参加権益を取…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

あわせて読みたい

ニュース特集