メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三越伊勢丹

8期ぶりの赤字、9億6000万円

記者会見する三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長=東京都中央区日本橋2のベルサール東京日本橋で2018年5月9日、藤渕志保撮影

18年3月期連結決算

 百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)が9日発表した2018年3月期連結決算は、最終(当期)損益が9億6000万円の赤字で、10年3月期以来8期ぶりの赤字となった。早期退職制度の退職金増額など構造改革に伴う特別損失261億円を計上したことが響いた。19年3月期は最終損益130億円の黒字化を目指し、巻き返しを図る。

 売上高は1兆2688億円で、前年同期比1.2%増だった。海外旅行客による免税商品の売り上げや、子会…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文488文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです