メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中韓首脳会談

中国 際立つ習近平氏のトップ外交

 朝鮮半島情勢が激動する中、中国では習近平国家主席によるトップ外交が際立っている。9日の日中韓首脳会談には李克強首相が出席したが、焦点の半島情勢では習氏が8日に遼寧省大連で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と再度会談するなど、自ら局面を切り開く意欲を強く印象づけた。

 李首相は8日夜、雨の降りしきる羽田空港に到着。7年ぶりの中国首相による訪日となった。だが、国営新華社通信がほぼ同じタイミングで習氏と金委員長の会談を伝え、世間の耳目をさらった。習氏は同じ日にトランプ米大統領…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  4. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  5. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです