メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

拘束の米国人3人解放 米朝会談地ならし

北朝鮮に拘束されている米国人の(左から)ドンチョル・キム氏、サンドク・キム氏、ハクソン・キム氏を映す街頭テレビ=ソウルで2018年5月3日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は9日、ツイッターで、北朝鮮で拘束されていた米国人3人が解放されたと明らかにした。トランプ氏と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談の下準備のため平壌入りしていたポンペオ国務長官に対し、北朝鮮当局が3人を引き渡したとみられる。共に空路、米国に向かっているという。6月上旬までの開催が予定される史上初の米朝首脳会談に向け大きく弾みが付くとみられる。

 ツイッターでトランプ氏は「3人の素晴らしい紳士と共にポンペオ氏が空路帰ってくることを報告できてうれしい。彼らの健康状態も良好のようだ」と述べた。トランプ政権は北朝鮮に対し「友好姿勢の証し」として、米朝首脳会談に先立ち3人の解放を繰り返し求めていた。ポンペオ氏と3人はワシントン郊外の空軍基地に10日午前2時に到着する予定で、トランプ氏も迎えに行くという。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです