メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大飯原発4号機

再稼働 6月上旬に営業運転へ

 福井県おおい町の関西電力大飯原発4号機(出力118万キロワット)が9日、4年8カ月ぶりに再稼働した。新規制基準下での再稼働は全国で8基目。関電の原発11基のうち廃炉決定済み、運転延長準備中のものを除く4基が全て再稼働したことになる。同4号機は6月上旬に営業運転に入る予定で、収支改善を見込む関電は今夏に電気料金を値下げする方針。

 9日午後5時、中央制御室に「4号原子炉起動します」とのアナウンスが流れ、核分裂を抑える制御棒が炉心から引き抜かれた。連鎖反応が安定的に続く臨界に達するのは10日午前3時ごろで、11日にも発送電を始める。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです