京都家裁

事務官、電車内で痴漢行為 停職3カ月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都家裁は9日、40代の男性事務官が電車内で女性に痴漢行為をしたとして、同日付で停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。

 家裁によると、事務官は昨年10月16日朝、阪急京都線の電車内で女性の下腹部を衣服の上から触ったとしている。事務官は事実関係を認めているが、家裁は刑事処分の内容などを明らかにしてい…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

注目の特集