メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメ密輸

容疑で男2人逮捕 絶滅危惧種39匹、関空で

宮武容疑者らが密輸しようとした「フロリダハコガメ」(右手前)など=大阪税関関西空港支署で9日、蒲原明佳撮影

 中国・上海から生きたカメ39匹を密輸しようとしたとして、大阪府警と大阪税関関西空港支署は9日、香川県丸亀市土器町東8、会社員、宮武志拓(ゆきひろ)容疑者(29)ら2人を関税法違反(無許可輸入)の疑いで逮捕した、と発表した。

     逮捕は8日付。容疑は3月28日、絶滅の恐れのある8種類のカメ39匹をスーツケースに隠し、上海から関西国際空港に無許可で輸入しようとしたとしている。2人とも容疑を認めているという。

     税関などによると、39匹はワシントン条約で輸出入が規制されている外来種。中でも甲羅の模様がきれいな「フロリダハコガメ」は1匹30万~40万円で取引されており、宮武容疑者は「繁殖させて売るつもりだった。東京五輪に向けて取り締まりが厳しくなり、高値になると思った」と供述している。

     計約30万円で39匹を購入し、靴下やストッキングに詰め込んで他の衣類とともにスーツケースに隠していた。摘発後に10匹が死んだという。【蒲原明佳】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
    3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
    4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
    5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]