メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

月間MVP パは多和田投手と山川内野手

セはメッセンジャー投手と坂本内野手

 プロ野球セ・パ両リーグは9日、3~4月の月間最優秀選手(MVP)を発表した。パ・リーグは首位の西武から多和田真三郎投手と山川穂高内野手、セ・リーグはメッセンジャー投手(阪神)と坂本勇人内野手(巨人)が選ばれた。

     多和田は5試合に登板しリーグトップの5勝を挙げ初受賞。山川は11本塁打、33打点、得点圏打率5割6分などでリーグ1位をマークし、昨年8月、9~10月に続いて3回目。

     メッセンジャーはリーグ最多の4勝(1敗)を挙げ、昨年の3~4月以来、3回目の受賞。坂本はリーグトップの打率3割6分9厘、38安打などが評価され、プロ12年目で初めての受賞になった。【中村有花】

     巨人・坂本勇 なかなか取れなかったので素直にうれしい。打つだけでなく、走塁や守備もある。全てのプレーで高い意識を持ってやっていきたい。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
    2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
    4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]