メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本代表の1次候補選手40人を発表

ラグビーW杯・日本代表1次候補メンバー

 日本ラグビー協会は9日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会に臨む日本代表の1次候補選手40人を発表した。FWは主将のリーチ・マイケル(東芝)や姫野和樹(トヨタ自動車)ら24人、バックスはSH流大(サントリー)、FB野口竜司(パナソニック)ら16人を選んだ。

 日本協会が主導して候補選手の練習や休養を調整する新たな試みで、所属チームの協力を得て日本代表の強化を優先する。

 前回の15年イングランド大会を経験したFW堀江翔太、SH田中史朗(ともにパナソニック)やFB松島幸…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです