メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 イランの核問題かくもんだい解決かいけつするため、国連安全保障理事会こくれんあんぜんほしょうりじかい常任理事国じょうにんりじこくであるアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国ちゅうごくにドイツをくわえた6かこくとイランが、2015ねんがつむすんだ合意ごういです。それまでイランが核兵器かくへいき開発かいはつにつながるウランの濃縮のうしゅくすすめていたため、アメリカやヨーロッパが貿易ぼうえき制限せいげんしていました。合意ごうい内容ないようは、国際原子力機関こくさいげんしりょくきかん(IAEA)がチェックし、イランの核開発かくかいはつ大幅おおはば制限せいげんするわりに、国連こくれんたいイラン経済制裁けいざいせいさいをやめ、アメリカやヨーロッパも独自どくじ貿易制限ぼうえきせいげんなどをやめるものです。合意ごういによって中東地域ちゅうとうちいき安定あんていすると期待きたいされていました。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
    2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
    3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
    4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
    5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです