メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外改憲勢力3分の2割り込む
まいスタイル@ストリート

(98)時代を表す流行色

黄色のワンピースを着た女性=日本ファッション協会提供

 暦の上では夏になり、装いが身軽になると同時に差し色も華やかになっている。今季は特に黄色に人気が集中。小物だけでなく、トップスやスカートなどさまざまなアイテムで取り入れられている。

 「ファッションは社会の鏡」といわれるように、トレンドはその時の経済状況や気候などに大きく左右される。例えば、2008年のリーマン・ショックから数年間は黒が人気だった。不景気の波が押し寄せ、テロや異常気象など不穏なムードが漂っていた時期。人々の気持ちが暗くなったのが背景にあるのはもちろんだが、節約志向の高まりもあって、性別年齢問わず、どんなシチュエーションでも着こなせる黒が重宝された。現在は景気も回復し、街では東京オリンピックの話題などお祭りムードさえ感じられる。「幸せ」「明るい」といったイメージを持つ黄色は、今の時代を表している。

 今季の黄色は、スカートで爽やかさを演出するのがポイント。歩くたびに揺れるスカートはフェミニンだが、…

この記事は有料記事です。

残り1572文字(全文1981文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです