メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

激しい攻防の「組手」戦国アジアに挑む日本勢

[PR]

「AKF第17回アジアジュニア&カデット、アンダー21空手道選手権大会」の見どころ(3)

 ■「組手」超高速!突きや蹴りの攻防 的確な有効打がカギ

上段への突き。「有効」で1ポイントとなる=空手道マガジンJKFan提供

 5月11日から沖縄県立武道館で開催される「AKF第17回アジアジュニア&カデット、アンダー21空手道選手権大会」。今回は、組手種目の説明とみどころを紹介する。

 組手は、2人が対峙(たいじ)して、突きや蹴りを繰り出し合う攻防。有効打となる技を決めるとポイントになり、そのポイント数を競う。

 攻撃して良い部位は「上段(頭部・顔面・頸部=けいぶ)」・「中段(腹部・胸部・背部・脇腹)」で、有効打を決めるとそれぞれ以下のポイントが与えられる。

 ☆有効(ゆうこう)…1ポイント 突きまたは打ち

 ☆技あり(わざあり)…2ポイント 中段蹴り

 ☆一本(いっぽん)…3ポイント 上段蹴りまたは倒れた相手への突き

上段への蹴り。「一本」で3ポイントとなる=空手道マガジンJKFan提供

 技はコントロールされたものでなければならず、強打をすると注意が課せられ、重なると反則負けになる。

 組手の試合時間は、アンダー21の男子組手は3分で、他の種目は2分。先に8ポイント差をつけるか、試合時間が終わった時に多くのポイントを取った方が勝ちとなる。また同点の時は、試合時間内で先にポイントを取ると得られる「先取(せんしゅ)」を持っている方が勝ちになる。同点で先取を持っている選手がいない時や、0-0で終わった時は、5人の審判団が多数決で勝敗を決める。

 スピード感のある激しい攻防のなかで、技を的確に有効部位にコントロールする、卓越した技術が見もの。また、相手の意表をつこうとする両選手の駆け引きに、緊張感があふれる種目だ。

世界一の組手大国に成長したイラン サウジ、カザフが追う

組手において世界トップレベルの力を持つ大国イラン。手足の長い屈強な選手がそろう。日本勢はスピードで対抗する=空手道マガジンJKFan提供

 組手種目において、今アジア地区は急成長を見せている。特に世界一の組手大国に成長したイランは、シニアの世界選手権で2014、16年と2大会連続男子団体組手世界一に輝いた。昨年のアジアジュニアカデット大会でも金メダル12個と次世代も強豪ぞろい。男子ではサウジアラビアら中東勢、女子ではカザフスタンも急成長を見せている。

 日本は、昨年10月に開催されたアンダー世代の「WKF第10回世界ジュニア&カデット、アンダー21空手道選手権大会」において組手で七つの金メダルを獲得した実績がある。さらに今年1月から3月にかけて、次世代の有力選手を中心にした強化育成を目的に、ナショナルチームとして初めて海外の長期合宿を行うなど、次世代の強化が進んでいる。その成果を見せる時がきた。(空手道マガジンJKFan提供)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです